定年退職後に、自動車の設計・企画の経験を活かしてアドバイス

NUMBER
19
CATEGORY
OEM 自動車 

ビザスクのアドバイザー登録のきっかけを教えてください。

Facebookでビザスクの広告を目にしたのがきっかけでした。ビザスクのサービスや評判を調べて、アドバイザーとして登録してみました。現在は定年退職をしていますが、これまでの自分の経験や知見をお話して、どなたかのお役に立つことができれば嬉しいですし、自分も楽しいのではないかと感じたことがきっかけですね。

 

アドバイスした面談について教えてください。

面談のテーマは、日系自動車メーカーにおけるOEMの製品開発プロセスの中で、時間や手間がかかっている工程や、現状の不満や潜在的なニーズを知りたいというものでした。具体的には、OEMの製品開発プロセスごとにどのような課題があるのかについてお話させていただきました。ご依頼主は部品開発に精通されていた方でしたので、ご質問の意図はよく理解できました。自動車の開発には、数百名という人が関わっていますので、私もすべてを把握しているわけではありませんし、定年退職後とは言え、お話できることと、できないことがありますが、業界者としての経験からの気付きや当時の悩みをお話させていただきました。

 

アドバイスをした感想を教えてください。

車や部品の開発について話をしたのは、約1年半ぶりでしたが、改めて気付きもありました。自動車の企画や開発に従事していると、その専門領域ならではの考え方で課題を定義していきますが、業界外の方が興味をもつ切り口は新鮮に感じました。業界を中から見ているのと、外からみているのではやはり視点が異なります。「見方の違い」を発見できたのは、面白かったですね。海外事業体での、現地調達部品の開発など、自分の知識や経験を活かして、お役に立つことができる機会があれば、またアドバイザーの面談もやってみたいと思います。