これまでの経験をフル活用して、知見のシェアを体験

NUMBER
23
CATEGORY
EC業界 

ビザスクのアドバイザー登録のきっかけを教えてください。

個人的にシェアリング・エコノミーと言われる「所有から共有して利用する」というトレンドに興味をもっていました。その関心から、ビジネスパーソンの知見をスポットコンサルという形でシェアして活用するというビザスクのサービスの存在を知りました。個人の知見を一つの企業の中だけでなく、広く活用していく動きは企業側のニーズとしても理解できます。また、ビザスクの評判も知り、自分もこれまでの経験を必要としてくださる方にご提供できたらとの想いからビザスクに登録しました。

アドバイスした面談について教えてください。

 私自身は、小売、コンサルティング、ECの業界で経験を積んできました。これまでに複数の案件のアドバイザーをしていますが、いずれも業界の動向や業界経験者だからわかる知見や勘所についてお話をさせていただきました。

案件の例でいえば、ある食品のECサイトにおける販売促進のアドバイスをさせていただきました。この商品は、小売業界で働いていた時期に取り扱っていた経験がありましたので、一般的な商慣行や商流を踏まえた上で、ECを展開する際の相違点やECプラットフォームを活用する際の留意点についてお話させていただきました。依頼者の方は、いかに販売促進を進めていくかという仮説をお持ちではありましたが、ECに新規参入するとなると最近のECの常識などはなかなか見えにくいものです。面談では、定石と最近のトレンドを踏まえてお話をさせていただきました。

 

アドバイスをした感想を教えてください。

依頼者の方は案件のテーマについてこれから学んでいこうという状況で、アドバイスを求められているケースが多いようです。そのため、面談をさせていただくと「そのような観点で疑問を持つのか!」と自分にとっての新しい発見にもつながると感じています。これまでの経験の組み合わせから回答できるような案件もありますので、自分の知見がお役に立てるのは純粋に嬉しいというのもあります。

キャリアの構築の仕方も変化してきていますので、これまでの自分の経験を世の中でどのような形で活かせるのかを知る機会としてもアドバイザーの経験は意義があるのではないでしょうか。