給与体系の設計と自社ECサイトの運営のアドバイスを受け、経営判断のスピードをアップ

NUMBER
32
CATEGORY
EC 人事制度 

サマリー

・給与体系の設計に際して、規模や業界が近い会社での実務経験者からのアドバイスを受けたほか、WEB広告の運用経験、集客・ブランディング等WEBマーケティング分野の経験者から自社ECサイトの運営に関して相談をした。

・給与体系の設計については、業新しい人事のあり方のコンセプトから具体的な方法論に至るまで、当社の取り組みに対して客観的なコメントをいただけた。

・WEB広告については、具体的な運営の方法論と検証の観点について、異なるバックグラウンドの方からお話を伺うことで、ダブルチェックしながら取組みのブラッシュアップにつなげることができた。

ビザスクのご利用のきっかけを教えてください。

ワールドビジネスサテライト(WBS)というテレビ番組で、ビザスクが紹介されているのを見ました。現役で活躍中のコンサルティング業ではない方の意見が聞けるという点に、興味を持ちました。普通ではコンタクトを取れない方に、話を聞くことができるのではないかと思い登録しました。

どのようなアドバイスを求めていたのですか?

これまでに2つの案件で利用しました。1つは、給与体系の設計についてです。人事領域の書籍はたくさんありますが、自社の状況にあった制度を考えるには情報の不足感がありました。また、コンサルティング会社の方に話を聞いたこともありましたが、大手や異業種の事例では、自社がどうしたらよいのかピンとこないことも多かったです。そこで、規模や業界が近い会社での実務経験のある方にお話を伺いたいと考えました。

もう1つは、自社ECサイトの運営に関わる案件です。リスティング広告とディスプレイ広告を運用している中で、新しい広告も積極的に活用したいと考えていました。様々なWEB広告の運用経験がある方や、集客・ブランディング等WEBマーケティング分野のご経験のある方と面談をしたいと考えました。

どのようにアドバイザーを探しましたか?

 WEBで「相談したいこと」や「応募時に回答頂きたい、経験分野に関する質問」を記載し、案件を登録しました。いずれの案件も何10人もの方から応募をいただき、驚きました。ご経験を確認し、メッセージのやり取りをさせていただく中で、こちらの質問に的確に回答してくださったアドバイザーにお会いしました。給与体系の案件では3名、WEB広告の案件では2名と面談を行いました。

アドバイスはいかがでしたか?

給与体系の設計については、業界の近い方、現役で人事を担当されている方、コンサルタントの方に話を伺いました。新しい人事のあり方のコンセプトから具体的な方法論に至るまで、当社の取り組みに対して客観的なコメントをいただけたのが良かったです。ロジカルに発想できると感じた方にアドバイザーをお願いした認識でしたが、想定通りの方のお話を伺うことができとても満足しています。経験の違う方からそれぞれの視点で話を伺うことで、偏りなく多角的な視点で、検討の精度があがっていくことが実感できました。

WEB広告については、大手代理店出身者で現在はフリーランスとして活動している方と、ファッション業界の小売企業においてEコマースの集客を担当されている方にお話を伺いしました。具体的な運営の方法論と検証の観点について、異なるバックグラウンドの方からお話を伺うことで、ダブルチェックしながら取組みのブラッシュアップにつなげています。

ビザスクはどのような方におすすめですか?

給与体系の設計もWEB広告についても、複数回の面談を通して当社のことも理解していただく中で、アドバイスをいただいています。経営者としては、ある専門分野について、多角的な視点でフィードバックやアドバイスをもらうことで判断の質を高めていくことができます。様々な観点から実力のある経験者のアドバイスがもらえるのは、ありがたいと感じています。

また、現役で活躍中のビジネスパーソンに「実際のところ」が聞けるという意味では、学生さんが利用しても新しい気付きが得られるのではないでしょうか。