大都市エリアの市場の「肌感覚」を、次の事業展開に活かす

NUMBER
30
CATEGORY
業界調査 

ビザスクのご利用のきっかけを教えてください。

鳥取県が進めている『鳥取県の未来に変革を!とっとり起業女子応援事業』を通じて、ビザスクの評判を知りました。商工会議所などでのお付き合いもありますが、地方にいると適切な相談先を見つけて、コンサルティングを受ける機会を持つのは簡単なことではありません。また、他地域にいらっしゃる知人をご紹介いただいたとしても、事業を進める中では、気軽に地元を離れられないという面もあります。ビザスクでは、大都市で活躍する方に電話やSkypeで、ビジネスの相談ができると聞き興味を持ちました。

どのような案件を依頼されたのでしょうか?

 これまでに2つの案件を依頼しています。1つは、当社が展開する事業の東京などの大都市における市場動向についてです。現在は鳥取県を中心に事業を展開していますが、大都市エリアへの参入余地がどの程度あるのか、競合企業がどのようなサービスを展開しているかをお伺いしました。

2つ目は、当社のサービスを他地域で提供していく上で必要な、採用候補者やパートナーがどのような地域にどの程度いらっしゃるかについての調査でした。ターゲットとなる有資格者の方がどのような動機で仕事をされているのか、仕事にどのようなやりがいを感じていらっしゃるかについて、採用支援事業に従事した経験のある方にお話を伺いました。

面談の成果をどのように感じていますか?

面談でお伺いできた内容は、予想以上に大変参考になるお話でした。アドバイザーの東京や大阪などの大都市の市場の動向をお伺いしたことで、固定観念で今後の事業展開を考えてしまっていたことに気が付きました。世の中には様々なデータや白書などもありますが、そのような形式知化された情報だけではどの一手が有効なのか、確信がもてないことも多くあります。経験に基づくアドバイスをいただき、とても心強く感じましたし、より現実感のある事業展開を考えるきっかけになったと感じています。

ビザスクはどのような方におすすめですか?

 地方で起業している人が次の展開を考える上では、温度感のある情報がとても参考になると思います。データを分析していると独りよがりになってしまうこともありますが、第三者の客観的な見方を聞くと、自分の思いこみを発見できるのもありがたいことです。地方で次の事業を展開されている経営者の方には、ビザスクはぜひお勧めしたいです。