海外展開の情報収集地と販路開拓のアドバイス

NUMBER
44
CATEGORY
海外展開 販路開拓 

サマリー

-WEBでアドバイザーを指名して、海外展開や販路開拓のテーマでスポットコンサルを利用

-販路開拓では、具体的な営業窓口の紹介につながり案件化した

ビザスクのご利用のきっかけを教えてください。

ビザスクは3年ほど前から知っていました。実務経験のある専門家に低予算で面談できるサービスだと認識していました。当社で海外展開を計画していた時に、知見をお持ちの方に話を伺いたいと考えていた時に、WEBで社名を検索したところ思っていたよりもヒット率が高く情報収集に使ってみることにしました。

ビザスクのWEBはどのように利用されていますか?

公募で案件を募集したここともありますが、最近は業界や社名などのキーワードで検索してアドバイザーの経験を読み指名で依頼をすることが多いです。アドバイザーの「経験」は本人がかかれていますので、経験の詳細を見ていくと求める知見をお持ちの方かどうかは見当がつきます。

どのような案件を依頼されたのでしょうか?

最近の案件で印象に残っているのは、販路開拓に関するものです。新規事業である商材を開発したのですが、知財商品であることもあり、卸経由での流通が難しいことが分かっていました。直接取引先を開拓しなければならないものの、ターゲットとなる業界とのネットワークがありませんでしたので、どのようにアプローチをすればいいのか業界経験者に相談したいと考えました。アドバイザーの方は、業界の現職の方で具体的にアドバイスをいただくことができました。

面談の成果をどのように感じていますか?

当社の既存のネットワークでは接点をもてなかった方に直接お話を聞くことができ、その後、窓口となる方のご紹介をいただくことができました。当初の目的は情報収集でしたが、結果的に案件化して契約に至り営業先の開拓をすることができました。今後も知見のない領域やネットワークのない業界の情報を収集したい時には、ビザスクを利用したいです。