新サービス開発で想定顧客の素直な声を収集

NUMBER
65
CATEGORY
新規事業 

ビザスクのご利用のきっかけを教えてください。

新サービス開発で企画をまとめ試作品を作るプロセスにおいて、想定顧客の声を素直に聞いてみたいと考えてビザスクを利用しました。社内で話を聞いても偏りが生じますので、第三者の声を聞く必要があります。また、これまでにも調査会社等を利用したことがありますが、時間もコストもそれなりにかかってきます。今回はスピードとコストの観点からビザスクを利用してみることにしました。

WEBマッチングをどのように利用されましたか?

企業の人事部や総務部をターゲットとした新サービスですので、部署名や業務のキーワードでアドバイザーを探しました。アドバイザーとやりとりをしながら、想定するご経験のある方を特定し、指名で面談を依頼しました。4~5名アドバイザーと面談して、顧客ターゲットや値ごろ感、導入に向けたアプローチなどの仮説について、率直な意見をいただきました。

WEBマッチングをご利用いただいて良かった点を教えてください。

どのアドバイザーも「経験を活かして、お役に立てれば…」「面談の機会が自分にとっても勉強になる」というスタンスでとても真摯にご対応いただきました。アドバイザーからは、「その値段では、購入しにくい」「営業先としては、〇〇の役割の方がよい」などといった非常に具体的なフィードバックをいただきました。アドバイザーの声をもとに仮説をブラッシュアップすることができたと思います。