HR Tech領域の今のマーケット感覚をつかみ、新サービスの企画に活かす

NUMBER
33
CATEGORY
商品開発 

ビザスクのご利用のきっかけを教えてください。

ビザスクのスポットについては、業界調査や市場調査、新規事業のテーマで企業がその領域に知見のあるビジネスパーソンに1時間から相談できるサービスだと以前から知っていました。シェアリングエコノミーと言われるように、企業の情報収集の選択肢もここ数年で多様化が進み、コンサルティングファームや専門のサービスを提供する企業に調査を依頼するという手法とは別に、知見のある個人から事業をドライブするために必要な情報を入手できるサービスへのニーズは高まっているという肌感覚もありました。

実際に使ってみようと思ったきかっけは、複数の知人から「ビザスクを使って、良かった」という話を聞いたことです。メディアなどで比較的大手の企業が使っているイメージが強かったのですが、成長段階にある企業や起業準備中の方も利用して「なかなか聞けない話が聞けた」という感激の声に触れて、試しに使ってみようと思いました。

 

どのような案件を依頼されたのでしょうか?

 テーマとしては、新サービス開発のための市場調査です。組織開発や人材開発領域でのソリューションを提供している中で、HR Tech(Human Resource Technology)関連の新しい動きができていることは日々感じていましたが、なかなかその実態がつかみにくい部分があり、先駆者としてサービスを提供されている方に、業界の動向をどう把握されていて、事業を展開していく上でどのような可能性を感じているのか、ざっくばらんなお話をお伺いしたいと考えました。

このテーマでは、2人のアドバイザーと面談しましたが、いずれも「まさにこういう方にお話がお伺いしたかった」という求める経験や知見のある方にお会いすることができました。1人目の方は採用領域でHR Tech関連のサービスを立ち上げた方、2人目は、労務管理・給与管理の領域におけるクラウドサービスの責任者をされている方でした。面談では、アドバイザーの方のご経験を伺いながら、要件定義、サービス開発、マーケティング、セールスなどの各領域においてどのような点に留意されたのかをお伺いしました。その内容も踏まえて、こちらが事前に用意しておいた仮説に対して、妥当性があるか、どのような前提の認識の相違から見立てが異なるのかなどをディスカッション形式で進めさせていただきました。

 

面談の成果をどのように感じていますか?

面談の時間はとても発見や気付きが多い時間で、経験や知見を有する人とディスカッションできたのは純粋に楽しかったです。アドバイザーの方も非常に真摯に指摘をくださって、仮説に対して率直なフィードバックをしていただけたのもとてもありがたかったです。HR Techは、領域やサービス定義が難しいと感じていましたが、既存プレイヤーの特徴なども構造的に解説いただき、自分のアイディアをどのようにマーケットで位置付ければよいのかも明確に認識できました。

特に印象に残っているのは、マーケティング領域とHR領域のクラウドサービスでは、顧客企業の受容性や導入意思決定基準が異なるなど、他の領域とも比較しながら業界動向をお話いただいたことです。新しいサービスの情報をみているだけは理解しきれないものの事業として展開する上では抑えておかなければいけない肝や勘所についてもご経験を踏まえたお話をお伺いすることができました。Tech関連のサービスには従事した経験もありましたが、少し離れていた時期もあったので、「今のマーケット感覚」を教えていただけたのも大変参考になりました。

 

ビザスクはどのような方にお勧めですか?

業界調査や市場調査というと大きな企業がやること、というイメージがあるかもしれませんが、ビザスクの場合はアドバイザーと1対1で面談をすることができるので、起業したての方や個人事業主の方でも臆することなく利用できると思います。知らない情報を教えていただく場としても、自分の仮説を経験者に見てもらってブラッシュアップする場としても、1時間~であればどんな方でも使いやすいと思います。一度面談をしてみると、1時間の時間を有効に使うための方法が依頼側も分かってくるので、必要性を感じたらいつでもビザスクで面談をお願いすれば良いというサイクルになってきています。